結婚したい女性必見!男性が望む理想の結婚とは?

理想 結婚 男性 結婚したい

 

結婚したい女性必見!男性が望む理想の結婚とは?

 

結婚にどんな理想を抱いていますか?
結婚願望が強いのって男性よりも女性の方ですよね。

 

今は10代でも晩婚でも特に気に留める人はいなくなりましたが、
結婚に対する理想と現実、ギャップが激しすぎて、
離婚者が後を絶えませんよね。

 

理想通りの結婚が出来れば苦はありません。
結婚すれば、難あり苦ありが夫婦というものだと
理解できるのかもしれませんが、

 

結婚なんて一生に一度にとどめておきたいもの。

 

 

結婚した人が口々に言う
「理想と現実は程遠かった」という言葉、
どういう意味があるんでしょう?

 

もし理想と違う!なんて思われたら嫌なので、
男性が思う理想の結婚相手となれるよう、
良妻になれるような女性としての魅力を鍛えておきましょう。

 

 

男性の結婚への理想

 

理想 結婚 男性 結婚したい

 

 

近年せっかく結婚に対して不自由のない
社会となってきたのに、晩婚化が進んでいますよね。
それはどうしてなんでしょう?

 

男性は「家族を養う」という考えの方が減ってきました。
むしろ女性の社会進出からか「女性は家を守る」なんていう考えも
古臭いと言われます。

 

専業主夫やイクメンも当たり前の時代ですから、
結婚に対する理想が昔と大幅に違います。

 

女性にとって理想の結婚とは
「良き所へ嫁いで幸せな家庭を築く」でしたが、
今や、「価値観を尊重しあい夫婦で分かり合える生活」など
昔とは程遠い考え方になりつつあります。

 

男女平等は良いかもしれませんが、
晩婚化が進んだ理由は女性の考え方にあるのかもしれません。

 

 

気付いたら30代、バリバリ仕事をこなして
キャリアを積んでいるうちに結婚を逃した
なんて女性が多いんじゃないでしょうか。

 

結局は仕事か結婚か、選ばなければいけないのは女性なんですよね。

 

スポンサーリンク

 

 

そんな考え方の移行からか、
男性が思う理想の結婚も今や変わってしまいました。

 

「家庭を築いて家族を養う」という役目は重要ではなく、
生涯楽しい人生を送る為の良きパートナーとして、
理想の結婚相手を選ぶ男性が増えています。

 

「女性は料理や家事ができる!」というイメージではなく、
いち人として自立した人間であり、
なおかつ妻として支えてくれるような女性
上手く結婚できる時代になったんです。

 

 

男が結婚を意識するほどの理想の女

 

理想 結婚 男性 結婚したい

 

 

今の時代、男性に「結婚」という言葉は重いんです。
昔のように「早く嫁をもらいなさい」と言われる時代じゃないですから、
しいて言うなれば、「早く孫の顔を見せてやりたい」と思わない限り、
結婚願望を抱く男性は少ないんじゃないでしょうか。

 

「一生守ってやりたい」
「安心させてやりたい」というくらい、
女性のことを愛していたらまた話は別かもしれませんが、
そうじゃない限り結婚を意識することはないでしょう。

 

ですから、女性としては、
男性が結婚を意識する程の理想の女になっておきたいところ。
男性が思う、理想の結婚相手について調べてみました。

 

  1. 重要度合で言えば、外見3割・中身7割
  2. 結婚したいとガツガツしていない人
  3. 結婚しても子供を産んでも働きたいと思っている女性
  4. 清潔感があってきちんとしている女性
  5. 一緒に働く意志の強い人
  6. 落ち込んでくよくよすることがない人
  7. 自分(男性)に足りないものを持っている女性
  8. 助け合って生きてくれる女性
  9. 家事・育児に手助けを求めない女性

 

スポンサーリンク

 

 

理想の結婚生活とは

 

結婚はゴールだと思いますか?

 

その考えは間違っています。
結婚はスタートであり、終わりのないものなんです。
強制的に終わらすことはできます。
コンセントのようにプッツリと…。

 

終わらせることはできても、
終了までにかなりの時間と労力、お金を費やして、
悩みに悩みぬかないといけないんですよね。
それって理想の結婚とは程遠いと思いません?

 

そんな大失敗な結婚をする前に、
本当の理想の結婚について考えてみて下さい。

 

好きな人とずっと一緒にいることが理想の結婚でしょうか?
ケンカをしないで仲良く暮らすことが理想の結婚でしょうか?

 

 

私は全く違う見解です!

 

そもそも結婚に理想を抱く時点で間違っています。
理想の恋や理想の恋人ならわかりますよ。

 

結婚する前に必ず恋人としてのステップを歩みますよね。
その時点で「恋人」というポジションに相手を選んでいるのに、
その人をまた「結婚」というポジションで量りにかけるなんて
間違っていると思いません?

 

大好きな彼女がいるのに、その人をまた理想の結婚と照らし合わせて
もし理想に合っていなかったら捨てちゃうんですかね。

 

結婚に理想も何もないんですよ。
大切なのは
「死ぬまでに相手をどれだけ理解できるか」
ということだと思うんです。

 

理想の結婚に囚われる必要はありませんよ。
本当に恋人のことを想っていたら、
実際の結婚生活自体が理想のものと変わっていきますから。

 

スポンサーリンク