年下の彼氏との上手な付き合い方とテクニックとは

年下彼氏 付き合い方 テクニック

 

年下の彼氏との上手な付き合い方とテクニックとは

 

年下の彼氏との付き合いが初めてだという方は、
付き合っていく中で戸惑うことばかりでしょう。

 

結婚すると年下の旦那に対して周囲は

  1. 「尻に敷いている」
  2. 「ぐうの音も出ない年上女房」
  3. 「鬼嫁」

だなんて悪いレッテルが張られたりします。

 

でも実際恋人同士の時は、
年下の彼氏に振り回される女性が多いって知っていますか?

 

結婚してつけられるそんな悪いレッテルなんて
実際は嘘ばっかりなんですよ!

 

ここでは年下彼氏との付き合い方や、
メリットなどをご紹介します。

 

 

年下の彼氏と付き合って良かったメリットとは?

 

年下彼氏 付き合い方 テクニック

 

 

年下の彼氏と付き合うと、
なぜかいつもドキドキワクワクして
恋をしていると実感できる。

 

彼氏が年下だという方は口を揃えてそう言います。

 

スポンサーリンク

 

 

年下の彼氏との付き合い方は、
「彼にリードしてもらうべきか?」
「年上だから私がしっかりしなくちゃ」と気負ってしまうもの。
そこで起こるハプニングや彼氏の行動から、
いつもドキドキしている恋を楽しむことができるそうです。

 

年下の彼氏は逆に、
「しっかり守らないと!」
とはりきっているはずです。

 

彼女を喜ばそうとしても年上だと、
どう接すれば良いのか悩むのでしょう。

 

そんな日々向上心を持ったカップルは、
上手な付き合い方ができていると言えるカップルです。
年下の彼氏にはそんな魅力があったんですね。

 

 

年下だからと馬鹿にしない

 

バカにしたことを言わなくても、行動から
「バカにしている」と思われてしまうことがあります。

 

年上だからとリードしようとしなくて良いんです。
10歳年下の彼氏と付き合っていてもデートや会計などすべて
彼氏に任せている女性は、とても良い付き合い方をされています。

 

年上だからと気負わず、年下の彼氏にリードさせてあげるのも
上手に付き合っていくコツです。

 

 

お金のやりとりは男性を立てること

 

年下の彼氏に支払を任せるのは、
気が引けるという方も多いでしょう。
また、年下の彼氏はいつも
金欠だという困ったカップルも多いでしょう。

 

なので、お金のやりとりに関しては、
「男性を立てる」という意識を
頭に持っておきたいところ。

 

食事や大きな会計は男性に任せ、
小さい買い物やちょっとした会計はすべて女性がすると
上手な付き合い方ができますよ♪

 

スポンサーリンク

 

 

外見や内面は若さではなくキレイさが重要

 

彼氏が年下だからと言って頑張って若さを保とうと、
実年齢より若く見せようとする人がいますが、
それだと長続きはしません。

 

年下の彼氏と付き合う時に重要なのは、
実年齢に合ったキレイさです。

 

見た目が若くても意味がないんですよ。
心がキレイで見た目もキレイになろうと
努力している姿勢があれば、女性はいつまでも
キラキラ輝いて見えるものなんです。

 

 

年下彼氏をメロメロにする方法

 

年下彼氏 付き合い方 テクニック

 

 

年下の彼氏に飽きられない為に、
彼女ができることは3つです!

 

この3つをいつも頭に入れておいて、
年下の彼氏に飽きられないような
付き合い方をしていってくださいね♪

 

 

体裁を気にしない、ありのままのあたなで付き合う

 

年上だからとか、○○才離れているからとか、
年齢を気にするのはやめましょう。

 

別に30代でも40代でも、
彼氏と遊園地デートではしゃぐ人はいますし、
割り勘デートなんて現代のデートでは普通のことです。

 

年上の彼女でも可愛いものは可愛いし
彼氏からしたら守ってあげたくて愛しい人なんですよ。
年齢の話はタブーということで。

 

体裁を気にせずありのままのあなたとして付き合っていきましょう。

 

 

ある程度はファッションを考えて

 

どれだけ歳が離れているかにもよりますが、
彼の隣を歩いてもおかしくないファッションは心がけるべきです。

 

10歳以上離れた彼に合わせようと若い子の服を着る必要はありませんが、
少しオバ様っぽい上品さのあるファッションはおすすめできません。

 

おすすめはラフで親近感を感じやすいカジュアルなファッションです。
どんな年代でも着こなせるファッションなので、年下の彼にも合わせやすいでしょう。

 

 

「年下」として決して扱わないこと

 

年下の彼氏を「弟」や「年下の子」として扱っていると、
すぐに飽きられてしまいます。

 

彼を一人の大人の男性だということを頭に入れて、
幼稚に扱うのはやめておきたいところ。

 

ベッドでも同じことが言えるので、
男性がリードしやすい状態を作ってあげることが先決です。

 

スポンサーリンク